実際の宿題の量お見せします!日本人が多い?〈延世大学語学堂3級〉に通ってみての感想

延世大学語学堂 語学堂

アンニョンハセヨ!ねねです!
今回は延世大学語学堂3級についてです。私が3級に通っていたのが2021年夏学期なのですが皆さんの参考になれば嬉しいです!

google アドセンス

難易度

まず私はレベルテストを受けて3級からスタートしました。日常会話はできるけど、銀行での手続きで分からない単語があったり、注文をたまに聞き返されるくらいの実力でした。
結果から言うと少し簡単でしたが3級からスタートして良かったです!なぜなら4級は習う単語と文法がレベチで、3級で基礎をしっかり固めることができたからです、、

単語は日常で使うものが多く、文法は-잖아요のような簡単な文法から -래요/대요/냬요のような複雑な文法までありました。毎日出る宿題で復習して、次の日に習うものを軽く予習すると問題なくついていけるレベルだと思います。

先生とクラス構成

先生は1,2時間目の文法と4時間目のスピーキング/ライティングの先生が同じで、3時間目のリスニング/リーディングの先生がもう一人いました!
クラス編成は12人中、私含めて日本人2人でした。そのほかのクラスメートは中国人5人、その他アジア圏2人、欧米圏2人でした。
中間試験後に一人帰国することになり11人で授業を受けていました。

宿題の量

宿題は先生によってかなり違うのですが、3級のときの先生が宿題がすごく多い先生でした、、
でもこの先生のおかげで4級、5級のときの宿題が少なく感じました笑

宿題の内容

  • その日習った単語20個ほどの単語を使って、各単語2文ずつ文を作る
  • 教科書にある単語の練習問題を解く
  • 習った文法2つを使って、それぞれ会話文2つを作る
  • 教科書にある各文法の練習問題を解く
  • 文法のまとめの練習問題を解く

宿題の内容はこんな感じで毎日1時間半くらいかかっていたと思います。


実際の私が提出した1日分の宿題です笑
今見るとこれに予習までしていたので韓国語が上達するしかなかったなと思います。

まとめ

延世大学語学堂3級について書いてみましたがいかがでしたでしょうか?私にとっては独学身に着けてフィーリングで使っていた韓国語の基礎を固める時期でした。また先生は宿題は多いですが分かりやすく、クラスの雰囲気も良く楽しく授業を受けることができました。
また延世大学語学堂について書くので楽しみにしていてください。それでは、アンニョン~!

\インスタグラムでは韓国の大学に通う私が最新韓国カフェを紹介しています/

インスタ、TikTok、YouTubeでも韓国情報を発信しているのでフォローよろしくお願いします♡

コメント